最高時速100km超!空輸ドローン「CityAirbus」‐2018年中に飛行試験を予定



画像:エアバスHPより

エアバス傘下企業の「Airbus Helicopters」が、ドローンによる空中ヘリコプター「CityAirbus」の試験飛行を2018年中に開始することを発表しました。

「CityAirbus」は同社が手塩にかけて開発を進めた空輸ヘリコプター。既にアラブ首長国連邦のドバイで飛行試験を重ねるドイツの「Volocopter 2X」に追い付くべく、開発のピッチを上げているようです。

最高時速は100km超! エアバス技術の粋が集まる

今回発表された「CityAirbus」は、4つのダクトに装備された固定プロペラを回転させ、安定飛行を実現させたヘリコプターです。

垂直離陸が可能なVTOL機なので飛行機のような滑走路を必要とせず、バッテリーで稼働することができるとのこと。最高時速なんと100kmを上回り、驚異的なスペックを誇っています。

段階を踏んだ試験日程

「Airbus Helicopters」によると、今回の飛行試験ではまず地上からの遠隔操縦で機体を飛行させて安全性を確かめたのちに、パイロット搭乗による飛行試験を行う予定とのことです。

最終的には無人の自律飛行を実行する考えですが、それまでにはまだ数多くのテストが必要となることは明白。同社は2018年上旬には、デモ用機体を構築した上で、モーターや電気系統の開発試験を進める予定です。

<参照>Airbus Helicopters

こちらのページもご覧ください。