Volocopter社が「空飛ぶタクシー」の飛行試験を開始!



画像:Volocopter HPより

8月1日からスタートした、ドバイでの「空飛ぶタクシー」計画が、ついに現地試験をスタートしました。この計画はVolocopter社が自社製造した「ATT(Autonomous Air Taxi )」と呼ばれるドローンを用いてヒトの運搬ミッションをこなすという夢のような企画。

関係者はもとより、欧州を中心に多くの注目を集めています。

気になるATTの性能は!?

今回のミッションで使用されるドローン「ATT」は、Volocopter社が開発したマルチローター機(ローター数は合計18)です。

当然かなりの大型ドローンであり、電力供給は機体の各所に配置された9個ものバッテリー電力を使って稼働します。

搭乗最大人数は2人ですが、ドローンなので自動運転機能を搭載。巡航速度は時速50キロ程度で、最高速度は100キロ程度と見られています。

高度はなんと上空200km!

ATTを使った今回の試験は、まず無人状態での飛行を行うというものでした。

どの程度の高度を記録するかが注目要素の1つでしたが、ATTはなんと上空200kmまで上昇。自由自在に飛行する様子を見せたようです。

なお、Volocopter社によるとATTは今後スマホアプリに対応し、遠隔操作での召喚を実現する予定とのこと。ヘリコプターよりも圧倒的に低価格で運用できる点をアピールし、市場開拓へと繋げる意図を持つようです。

<参照>

ドバイの「空飛ぶタクシー」がテスト飛行を開始 2人乗りで最大30分飛行/sorae.jp

https://www.volocopter.com/en/

 


こちらのページもご覧ください。