作業効率15%アップ!Iotを活用した工事現場の「見える化システム」を開発-フジタ



画像:フジタHPより

大和ハウスのグループ会社「フジタ」が、工事現場にIoT技術を導入することで、「全行程見える化」の実現システムを開発したと発表しました。

従来の部分的な導入にとどまっていたIoT技術をクラウドデータを用いて連結することで、人と機械に加えて、測量データや全体の進捗状況を共有することができるとのことです。

クラウドを活用することで作業状況を共有

今回同社が開発したシステムは、土木工事現場における建設機械と作業員、測量データをクラウドを利用して共有することで、施工作業の進捗状況や現場全体の作業状況を全従業員が把握できるシステムです。

各什器のオペレーターや運転手、各作業の担当者が視覚的に状況を認識できるようになったため、連携作業が円滑化し、作業効率が約15%上昇したとのこと。

大幅に効率化した現場環境 ~自主的なクラウド活用がカギ~

本システムの導入におけるメリットは数多く存在します。現場全体への建設機械やトラック等の配置が円滑に進むだけでなく、現場作業が難渋する大きな要因であった天候問題による建設機械の配置転換も効率化。提案作業等も用意になったと述べています。

また、建設機械の点検結果を共有するシステムを従業員が自主的に利用することにより、安全管理のツールとしても活躍しているとのことです。IoT技術と高い親和性を持つ建設業界の導入例ということもあり、今後の進展に期待が寄せられています。

<参照>
IoTで重機土工の「全工程見える化」を実現 ~クラウド活用で重機作業の生産性15%向上~/株式会社フジタ

 

こちらのページもご覧ください。