目指すは「浮遊倉庫」ウォルマートが飛行船の特許申請へ



画像:ビットコインニュースより

最先端の技術が集うアメリカで、またまた世界を驚かせるニュースが飛び出しました。

小売店チェーンの「ウォルマート」が、飛行船型の倉庫及び関連ドローンに関する特許を米国特許商標庁へ出願したのです。
ウォルマートの狙いは「浮遊倉庫」。遥か空に浮かぶ倉庫からドローンを使って空輸するというものです。地上配送と異なり道路事情に左右されない為、よりスムーズで便利な配送が実現すると言われています。

最大のライバル「Amazon」が立ちはだかる

今回話題となった飛行船型倉庫ですが、実は既に大手インターネット通販会社「Amazon」が同様の特許を出願しています。ただし、両者の飛行船特許はいくつかの点において違いが見られ、その中でも最大の差異である「高度」が、今後の明暗を分けるのではないかと言われています。

と言うのも、今回ウォルマートが特許出願した飛行船の高度は、地上から150~300メートル程度と比較的地上から近い距離です。これに対して「Amazon」が出願した飛行船の想定高度はなんと「上空1万4,000メートル」。地上からはずっとかけ離れています。

戦いの舞台は空に移行か!?

ウォルマートとAmazonは、大型小売店と大規模ネット通販と言う競合関係にある企業です。両者はこれまでも様々な分野で商業戦争を行っており、今後もこの流れは継続すると見られています。

(技術的難易度は置いておいて)空中倉庫の実現は、在庫管理を容易にして配達コストの低減へと繋がります。また、配送型ドローンと併用することで、人件費の削減にもつながると将来を有望視するものばかり。

実際に運用するには多くの困難が伴うことは必定ですが、今後の技術進展に注目ですね。

<参照>
アマゾンに続け! ウォルマート、ドローン配達用の飛行船型の空中倉庫特許を出願/sorae.jp

 

 


こちらのページもご覧ください。