ユニセフ|ドローンでワクチン輸送、南太平洋発のテストに期待が高まる



2017年8月より、国際児童基金ユニセフと南太平洋バヌアツ政府がドローンでのワクチン輸送輸送テストを実施する事が明らかになりました。

過去何度かドローンによる輸送テストは実施されましたが、それらはいずれも南太平洋以外の地域で行ったもの。南太平洋地域ではでの初の試みとあり、注目が集まっています。

困難な現地環境、ドローンによる活躍に期待が集まる

ユニセフによると、バヌアツはその気候条件の影響から自然災害が多く、緊急時インフラ稼働率が問題視され続けてきたとのことです。特にバヌアツは島国と言うこともあり、1度災害が起きると郊外地域への影響は甚大。

今回のドローンでのワクチン輸送が成功すると、課題となっていた物資輸送の問題を1つクリアすることになり、ユニセフ及びバヌアツ政府関係者は強い期待を寄せていると述べています。

実験テストは3つのフェーズで実施

気になるテストについてですが、3つのフェーズで分化する計画を取るとのことです。

第1フェーズは2017年8月に行われ、技術的性能を確認するために、エフェテ島(エファテ島とも)を飛行テストを予定。続く2018年2月と3月に第2フェーズとなる、今回のワクチン輸送対象となる島々の保健担当者に、ワクチンを届ける方法のプロポーザルの提出を要求する予定とのこと。

その後2018年中には、定期的な医療物資の輸送ミッションをこなせることを確認。成果評価が確認されたのちに、正式実施されるものと見られています。

今回テストに参加する企業は下記6社。

  • Volans-i inc.
  • Martek Marine Ltd
  • JAR Aerospace Pty Ltd
  • Colugo Systems
  • Finish the Call LLC
  • Firetail Bormatec JV

いずれも高いテクノロジーを保有している企業ばかりです。

<参照>
ユニセフ:バヌアツで太平洋地域初、ドローンによる「ワクチン輸送」テスト開始/Yahoo!ニュース

こちらのページもご覧ください。