2019年発売モデルから車同士で道路状況などを通信‐フォルクスワーゲン



画像:フォルクスワーゲンHPより

VWが提唱する「車同士の通信」

Volkswagen(フォルクスワーゲン、VW)は2019年以降の自社開発車には全て「IEEE 802.11p規格(pWLAN)」を搭載すると発表しました。

pWLANとは、車同士の距離や道路状態といった、走行環境の通信を司る規格です。

pWLANを搭載した車が、近くにある他のpWLAN搭載車と自動無線通信を行うことで、自動運転に必要な情報を共有し、安全に走行できるよう必要な情報を確保する仕組みとなります。

自動運転の安全性に関する問題は、各社が悩みを抱え続けて来た部分です。
そのため、今回のpWLANの発表が今後の解決の糸口となるかという部分に、注目が集まることは必至でしょう。

最も大切なことは、多くの自動車メーカーの賛同か

VWの車体開発責任者のJohannes Neft氏は、今回のpWLANの成否を分けるポイントを、

「他の主要自動車メーカーが受け入れるか」を1つの成否の分かれ目と捉えているようです。

pWLANは車同士が通信を行う性質上、認識範囲内により多くの搭載車が存在した方が情報の正確性が大幅に増します。また、警察車両や救急車両といった緊急車両がpWLANを搭載することで、緊急時の走行対応も今よりずっとスムーズになるものと考えられています。

今回のVWが提唱した字度運転に対するpWLANの導入は、技術的にも法的にも、まだ多くの課題が残っています。しかし、今回の発表そのものは自動運転技術の発展にとって間違いなく大きな前進です。

アメリカ勢や日本勢をはじめとした主要自動車企業がどのような反応を示すか、とても興味深いところです。

<参考>
フォルクスワーゲン、2019年発売モデルから車同士が通信する/ギズモード・ジャパン


こちらのページもご覧ください。