画像:ZMP Inc.より

2017年7月13日、ロボット開発ベンチャーのZMPが自動配達ロボット「CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)」を公開しました。実証実験の第一弾として、株式会社ライドオン・エクスプレスが展開する宅配すしチェーン「銀のさら」において、寿司デリバリーサービスにおける実験が行われる予定です。

キャリロデリバリーは、荷台部分に宅配ボックスが搭載されており、屋外を自動走行し商品を宅配します。

ZMPではこれまで、物流現場における人材不足解消を目指し、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」を出荷しています。

<参照>

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。[登録無料]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします