AIでアプリ売上を最大化する「ASAS」をリリース‐サイバーエージェント



画像:サイバーエージェントWEBページより

株式会社サイバーエージェントは同社のアプリに特化したDMP「RightSegment」の新サービス、「ASAS(App Sales Auto Scale / 略称読み:アズアズ)」の提供を開始したと発表した。
このサービスは、顧客単価が向上する見込みの高いユーザーを人工知能(以下AI)で判別し、アプリ売上の最大化を実現する。

例えば、企業のECサイトを利用しているユーザーのうち、顧客単価が向上する見込みの高いユーザーに対しては通常よりも高価な特典を設定しアプリダウンロードを促進するなど、アプリのダウンロードプロモーションにおける予算比率の最適化を実現する狙い。

実際に、EC企業にて自社サイト内から自社ECアプリへの誘導を狙う広告配信の際に「ASAS」を適用したユーザー群と適用していないユーザー群でテストを行った。

その結果、

  • 「ASAS」を適用していないユーザー群→アプリインストール後の顧客単価が平均して68%にとどまった
  • 「ASAS」を適用したユーザー群→アプリインストール後の顧客単価が平均して111%まで向上

また、ユーザーがアプリをインストールする前の購入金額と比較し、「ASAS」を適用した自社広告配信によりアプリをインストールしたユーザーの顧客単価は163%まで向上した。

「ASAS」では企業のサイト利用者のアプリダウンロードを促すだけでなく、企業サイト外でもAIによる判別データをもとに広告配信を行うことが可能となっている。
<参考>
顧客単価が向上する見込みの高いユーザーを人工知能で判別し、アプリケーションの売上を最大化するサービス「ASAS」の提供を開始/サイバーエージェント


こちらのページもご覧ください。