ソフトバンクがロボット企業2社を買収、生活の快適化を目指す



ソフトバンクグループ株式会社が、ロボット開発企業のBoston Dynamics(ボストンダイナミクス)とSCHAFT(シャフト)の2社を、米Alphabet(Googleの親会社)から買収することで合意したと発表しました。

ボストンダイナミクスはこれまで、四脚の「Big Dog」や「Spot」、二足歩行の「Petman」等画期的なロボット開発を行っています。

また、東京大学の研究者が中心となり設立した日本のロボットベンチャーシャフトにおいても、二足歩行のロボットが開発されており、ソフトバンクグループがサポートすることで、2社におけるロボティクス分野のさらなる発展が見込め、人々の生活の快適化が期待できます。

<参照>
ソフトバンク グーグル親会社からロボット開発2社買収へ/NHK NEWS WEB


こちらのページもご覧ください。