人工知能搭載ロボ「Stan」が空港駐車場で大活躍!マイカーを簡単にピックアップ



画像:techableサイトより

車で空港を訪れた際の駐車ストレスを一挙解決する画期的なシステムが、フランス・パリのシャルル・ド・ゴール空港の駐車場で試験運用されている。

このシステムはなんと、所定の位置に車を停めると、ロボットが駐車スペースまで運んでくれるというもの。車のピックアップもアプリで時間指定できるという便利さだ。
空港まで自家用車で行き、駐車スペース探しに苦労したり、ようやく探し出してもターミナルまですごく遠かったり…といった問題もこれで解消されそうだ。

このシステムで活躍してくれるのはスタートアップ「Stanley Robotics」が開発したロボット「Stan」。「Stan」がドライバーの代わりに駐車スペースまで車を運ぶ。また帰りのピックアップもスムーズに行ってくれる。

【このシステムの流れ】

  1. ドライバーは所定の位置に車を置き、荷物を取り出して車に鍵をかける。
  2. 専用のマシーンにアプリのQRコードをかざし、帰りの便の情報などを入力する。
  3. Stanが車を駐車スペースへと運んでくれ、ドライバーはそのままターミナルへ。
  4. 帰りは専用アプリから車のピックアップを指示する。
  5. Stanが車を用意しておいてくれる。

しかし、鍵のかかった車をどうやって移動させるのか、という疑問が湧く。実は、Stanはフォークリフトのようになっていて車を持ち上げて運ぶのだ。

Stanにはセンサーや人工知能が搭載されており、車の大きさを自動で検出する。そしてどのパーキングスペースに収まるかなども計算して駐車するのだ。もちろん、車をぶつけることもない。

また、ドライバーの乗り降りもないことから、かなり狭い間隔で車を置き、駐車場のスペースを最大限有効活用できるのもこのシステムのセールスポイントだ。

Stanはどの車をどこに停めたかを記憶し、ピックアップもスムーズに行う。ちなみに、Stan1台で車400台まで管理できるという。

今後は空港に限らず、駐車スペースを確保しにくい街中でもこうしたシステムがあれば、ドライバーたちのストレスを大きく軽減してくれるに違いない。

<参考>
マイカーを簡単にドロップ&ピックアップ!人工知能搭載のロボット「Stan」が空港駐車場で大活躍/techable


こちらのページもご覧ください。