ドローンで土砂災害時の埋没車両探査|NEDOプロジェクト



画像:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)より

2017年6月5日、NEDOプロジェクト(*1)において、土砂災害時に埋没した車両の探索にドローンを用いるシステムを開発したとの発表が行われました。発表に際し行われた検証実験では、地下1.5mの土砂内に埋まった車両の位置特定に成功したとのことです。

今回開発されたシステムでは、ドローンに「地下電磁探査センサー」を吊り下げることで、狭いエリアを低空飛行しこれまでに比べより細かな調査が可能となっています。

今後は、斜面など実際の現場により近い環境での実験を重ね、実用化を目指すとのことです。

*1:下記5社による共同プロジェクト

  • 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
  • 株式会社エンルート
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所
  • 株式会社日立製作所
  • 八千代エンジニヤリング株式会社

<参照>
土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す―つり下げ型の電磁探査システムで車両位置の特定実験に成功―/国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構


こちらのページもご覧ください。