ロボット警察官「Robocop」任務開始-ドバイ警察



画像:ドバイ総合情報サイトより

5月21日(ドバイ現地時間)、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察はロボット警察官「Robocop」を正式雇用したと発表した。
初仕事となったのは、セキュリティカンファレンス「Gulf Information and Security Expo」での会場案内だった。

ロボット警察官「Robocop」は、スペインのPAL Roboticsが設計したREEMシステムをベースとしたロボット。身長は約170センチ、体重は約100キロ。バッテリー持続時間は8時間とのこと。

「Robocop」は、英語、ロシア語、中国語など数カ国語を理解し、話せる。胸の部分にある液晶画面に地図などを表示できるほか、前後にカメラを搭載しており、顔認識も可能。登録済みの相手には名前で呼び掛ける。また、搭載カメラの映像は、リアルタイムで警察センターに送られ記録される。

「Robocop」の主な仕事は観光地のパトロールや駐車違反の取り締まりを行う。駐車違反については、胸の液晶から罰金の支払いが可能。

ドバイ警察は「Robocop」について、年中無休で勤務できるとしながらも、人間の警察官に置き換えることはしないと語っている。

ドバイ警察によると2年後には、時速80キロで走り犯罪者の逮捕などに使う、身長3mのロボットを導入予定という。

<参考>ロボット警察官「Robocop」、ドバイ警察が正式雇用/ITmedia


こちらのページもご覧ください。