愛知医大・日本臓器製薬・FRONTEOが共同研究‐「疼痛診療支援AIシステム」製品化目指す



画像:愛知医科大学、日本臓器製薬、FRONTEOヘルスケア 「疼痛診療支援AIシステム」の実現に向けた研究を開始/報道資料より

愛知医科大学と日本臓器製薬株式会社、ならびに人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を独自開発した株式会社FRONTEOの子会社で、KIBITによる医療データ解析ソリューションを提供する株式会社FRONTEOヘルスケアは、愛知医科大学の学際的痛みセンターの集学的診療のノウハウをKIBITに学習させ、複雑な慢性痛の診療を支援する「疼痛診療支援AIシステム」の開発に向け共同研究を開始したことを発表した。

「疼痛診療支援AIシステム」開発の背景

愛知医科大学は痛みにおける国内で初めての集学的な治療・研究施設「学際的痛みセンター」を創設し、年間延べ7,000人近くに治療を提供し、集学的医療としての様々なノウハウが蓄積されている。
一方で、集学的診療の課題として、1患者を診るための時間と人員コストが非常にかかることが課題とされており、今後も予想される慢性痛患者数の増加を考慮すると、効率的かつ適切な集学的診療を行える画期的なシステムの開発が必要。そこで今回の共同研究へと繋がった。

今回の共同研究の狙い

痛みセンターの集学的慢性痛診療チームの診断・治療スキルをAIに学習させることで、痛みの原因が不明瞭で、慢性化したあるいは慢性化する恐れのある患者に対して的確な診断を行い、いち早く痛みの改善に繋がる適切な治療に移行するための支援システムの構築を目指す。

共同研究におけるそれぞれの役割

愛知医科大学

秘匿化・匿名化した痛み患者のカルテ情報の特徴や集学的診療のノウハウを提供。

日本臓器製薬

新事業分野として研究を援助・支援。

FRONTEOヘルスケア

KIBITによる解析を担当。

共同研究の流れ

第一段階として、痛み患者の過去のカルテ情報における特徴をKIBITに教師データとして学習させ、KIBITの解析による痛みの重症度判定と集学的診療チームの判定結果との相関性・同等性を指標に学習アルゴリズムの最適化を検討。
本研究は1年を目途に完了し、診断支援機器としての製品化へ向けた開発に進む予定。
製品化後は、「疼痛診療支援AIシステム」を国内の病院や診療所などへ幅広く普及を推進し、多くの痛み患者に対する効率的・的確な診療支援を可能とすることで、患者のみならず、医療従事者の負担軽減による医療経済的な効果も実現できることを目指す。

<参考>
愛知医科大学、日本臓器製薬、FRONTEOヘルスケア 「疼痛診療支援AIシステム」の実現に向けた研究を開始(PDF)/学校法人愛知医科大学/日本臓器製薬株式会社/株式会社 FRONTEO ヘルスケア /株式会社 FRONTEO


こちらのページもご覧ください。