ヤフー、「週休3日制」実現に向け人工知能の活用を検討か

2016年9月27日、ヤフーは本社で働く全従業員5800人を対象に「週休3日制」の導入を検討していることを明らかにしました。

川邊健太郎副社長はこの発表に際し、以下のコメントを出しています。

単純な作業はAI(人工知能)とか機械学習にやってもらって、(人は)創造性のある仕事にシフトする。
それが週休3日に込めた思いだ。

“働き方改革”が各方面で進められる日本において、ロボット(人工知能)の活用は期待されています。

もし勤務時間の大部分を「単純作業」が締めているのであれば、そこを丸ごとロボットに行わせることで、人々の業務は大幅に削減が可能なのです。

2016年9月14日には、小池百合子東京都知事が都庁職員の「残業ゼロ」に向け改革を行うことを発表しました。

この流れは今後民間企業にも波及していくことが予想されます。

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。





この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします