ロボットの種類とは



ロボットの種類は多種多様で、目的や考え方により形状や機能は大きく違います。

日本人が考える一般的な形状は、人型で身の回りの世話をしたり、人と協力して活躍するイメージが想像されます。

しかし、海外では実用性が重視される事が多いので、必ずしも人型にこだわるのではなく、むしろ自由な発想で作られているといえます。

形状別での分類

床を走る掃除ロボットはその一つで、人の形からは程遠いものの、実用性に関しては高く評価されています。

また、屋外での使用が想定されるタイプでは、二足よりも安定性が高い四足であったり、足ではなくタイヤやクローラーを装着した車に近い種類が開発されています。

車型のロボットといえば自動運転車もその一つで、外観は完全に車ですが、機能的には全く異なる種類に分類出来ます。

飛行型のドローンも自動的に飛行出来るようになれば、晴れてロボットの一種として仲間入りする事になります。
これらは形状別で分類されますが、目的別で種類を分ける事も可能です。

用途別での分類

実用性の点では、既に実用化されている掃除用であったり、無人の室内を監視する機器に分類する事が出来ます。

特殊な用途では、人が入れない場所に送り込んだり、遠隔で状況が確認出来るタイプが含まれます。
瓦礫や舗装されていない場所を進む必要があるので、研究開発されている試作品は、様々な形状の物が存在しています。
人を危険に晒したくない場面は、災害発生時だけではなく、戦争でも多くの状況が発生します。

偵察用の無人ドローンは、地球上の何処を飛ばしても遠隔操作出来たり、安全な上空から様々な情報を集める事が行えます。
無人の偵察機は実用化済みで、実際に運用されている実用性のある存在です。
陸上用途では、航空タイプに比べて開発は後手に回っていますが、本番で活用可能な完成品の実現は間近に迫っています。

地形を選ばず行動出来るようになれば、ロボット開発の可能性は飛躍的に高まりますし、航空機よりも少ない成約で発展する結果に繋がります。
また、形状で分ければ、人型とそれ以外が大きな分類で、人型を除けば車と飛行機やヘリコプター等が主流です。

未来のロボット

開発中の種類では、動物の特徴を採り入れたタイプであったり、既存の概念にとらわれない発想が活かされています。

研究や開発の難しさもあり、水中用は全体的にマイナーですが、興味を持っている研究者もいるので、今後劇的に登場したり飛躍的な発展を遂げる事もあり得ます。

人の活動を代替する事に限れば、現状で課題は多いですが、コンピュータの発展と新素材の開発によって、実用化は時間の問題と考えられます。

こちらのページもご覧ください。

コメントを残す