急成長が予測されるロボット分野の未来とは?

この記事は約 3 分で読めます。



現在、世界中でロボットへの関心が高まっています。
これからの未来において、ロボット産業は革新的な発展を遂げるといわれています。
各国政府としても、この新たな産業革命に乗り遅れまいと名乗りを上げており、日本も例外ではありません。

ロボットの産業に力を入れる世界

日本政府は、ロボットビジネスと呼ばれる分野に力を入れています。
これは日本だけではなく、世界中の国々にとっても同じであり、我こそはとこぞって参入を始めており、2011年には、アメリカが巨額の予算と最大級の頭脳を駆使してロボット産業へと本格的な参戦を果たしました。
日本でも、同年に第一回ロボット革命実現会議を開催し、研究から普及させるまでの計画がある旨を伝えています。
また、2020年の東京オリンピック開催に合わせて、ロボットのオリンピック開催も計画の一つとしています。

ロボットビジネスは、夢の世界の話ではなくなり、我が国における成長戦略に欠かせない役割を持っているのです。
それは、世界の国々でも変わることはなく、いかに他国をリードしてロボットビジネスを発展させるのかが、今後の未来において世界で優位に立てるかを物語っているといえます。

ロボットビジネスの未来予想図

ロボットビジネスは、過去に類を見ないほど発展傾向にあり、製造分野においては2020年には現在の約2倍になるという予想があります。
また、物流や介護、警備やパーソナリティにおける分野においては、なんと現在の20倍にもなる可能性を秘めており、今後の少子高齢化の人手不足を補う新たな力になると期待をされています。
現在では、中国が世界を一歩抜きん出ていますが、今後の情勢や開発状況によっては
まだまだ他の国にも逆転のチャンスがあります。

特にIT系の企業の参入は、ロボットビジネスにおいて革新的な活躍をするかもしれません。
インターネット大手のグーグルは、ロボットにおける最先端技術を持つ企業を買収しており、世界でも大きな注目を浴びています。
今後、どんな素晴らしい情報を公開してくれるのか、誰もが楽しみにしているでしょう。

現在のロボットの種類

私達の身近でも、目覚しい発展を遂げているロボットを目にする機会はあります。
誰もが一度は目にし、耳にしている代表といえばソフトバンクのPepper(ペッパー)が有名です。
ペッパーはクラウドを通して会話を学び、成長していきます。
賢く成長していくロボットの実力を見せてくれるでしょう。
ペッパーは販売もされており、価格も本体が198,000円と決して手の届かない金額ではありません。
ペッパーを始めとしたコミュニケーションロボットは、他にも岡村製作所のROBOTALK(ロボトーク)や、NECのPaPeRo(パペロ)などがあります。

もちろん、コミュニケーション分野だけではなく、人間が活動する事が困難な場所での活躍をするロボットも多くあるのです。
東日本大震災で被害を受けた福島第一原発では、現在でも高濃度の放射能が観測され、人間では作業自体が危険視されています。
その様な場所でもロボットは高所の調査や、放射能汚染物質吸引などで目覚しい活躍をしています。

他にも、アメリカのショッピングモールでは警備ロボットが警官や警備員のサポートをしていたり、介護施設で高齢者のサポートを行うロボットもいます。

今後も成長は加速する!

ロボットビジネスは始まったばかりではありますが、すでに多くの活躍をしています。
様々な分野でロボット達の活躍が期待され、今後も発展する事は間違いありません。
十年単位ではなく、僅か数年単位で世界は動いています。
こうしているうちにも、世界の何処かで優れたロボットが活躍しているのです。

こちらのページもご覧ください。