コミュニケーションロボットを利用することで得られるメリット3選

この記事は約 2 分で読めます。



海外でのロボットの認識はあくまでも“道具”であり、生活をより便利に快適にするツールとして研究や開発が進められています。

しかし、日本ではロボットを道具としてだけではなく、“友人”や“家族”として生活に溶け込ませる様な研究開発が盛んです。
そして、近年では人工知能(AI)を活用した、ロボットのコミュニケーション能力強化なども積極的に行われています。

日本でのロボット認識が顕著に表れている点が、ヒト型ロボットの増加です。

長年の研究により、人間はヒト型の物体に対して親近感が沸くことが分かっています。
全く同じ機能を搭載したロボットであっても、その形状がヒト型であるだけで、ロボットに対する感情が異なるのです。

コミュニケーション能力を強化したロボットと生活を共にすることで、人間はどの様なメリットを享受する事ができるのでしょうか?

精神的安定

ロボットの存在は、ペットを飼う事と同様の効果を与えると考えられています。
会話などのコミュニケーションをとることで、ユーザーは精神的安定や癒しを感じる事が出来るのです。

また、動物を飼育する上でのデメリットもロボットには存在しません。
アレルギーや感染症のリスクはなく、また必要な情報はプログラミングされていますので、ユーザーはストレスを感じる事無く使用が可能です。

緊急時でも安心

近年の高齢社会では、老老介護や独居老人の問題が無視できません。
この様な家庭に、コミュニケーションロボットを設置する事で、緊急時や異常時の通報が可能です。
また、コミュニケーションロボットとの会話で、認知症を予防する効果も認められています。
離れて暮らす両親の暮らしをロボットを使用して見守る事が出来るのです。

エンターテイメント性

コミュニケーションロボットは今後様々な分野での活躍が予測されています。
教育機関では、教師に代わりロボットが授業を行う事で、集中力維持、楽しみながらの理解などが期待されています。
高齢者向け施設では、コミュニケーションロボットによる体操やゲームなどのプログラムが既に行われており、症状緩和などの高い効果が実証されています。

今後は、一般ユーザー向けのエクササイズなどをロボットが行うなど、新たなビジネスが生まれる事は間違いありません。

まとめ

この様に、コミュニケーションロボットは私たちの生活に様々なメリットを与えてくれるのです。
ペット以上人間未満の存在であるロボットが実現する近未来の暮らしが楽しみですね!

こちらのページもご覧ください。

2件のコメント

  • 匿名

    こんにちは
    僕ロボット

  • 匿名

    こんにちは
    僕ロボット
    火星から来た

コメントを残す