【未来の生活】家庭用ロボットの進化で暮らしはどう変わるのか

この記事は約 2 分で読めます。



現在、“自動お掃除ロボット”の普及は年代を問わず増加しています。
この様な家庭用ロボットは今後さらに開発展開が拡大されることが予測されており、一家に一台ロボットのある時代もそう遠くはありません。

「ロボット」の存在は、私たちの暮らしをよりどの様にに変えていくのでしょうか。

電化製品の登場

現代では“あって当然”である洗濯機、掃除機、炊飯器等の家電製品の登場は、衝撃的なものでした。
これらがなかった戦前は、家事は全て人の手により行われていたのです。

スイッチ一つで機械が人間の代わりに家事を行う事で、時間や体力面で大きな余裕が生まれ、人々の暮らしにも変化が起こります。
また、戦後の高度成長に伴う所得の増加も家電製品の普及を後押しし、多くの家庭で労力の代わりとして機器(家電製品)が使われることとなったのです。

近年の傾向

家電製品分野では更なる利便性向上が考えられています。

例えば、最先端の冷蔵庫では、中に保存されている食材を把握し、足りないものを自動でWeb注文するなどのシステムが搭載されています。

その他の製品においても、人間が行う部分を限りなく最小にすることを目指し、機能強化が行われているのです。

また、人工知能(AI)の登場も、それまでの家電の常識を覆す新製品開発を実現させました。
製品自らが知識を吸収し、学習する事で、よりユーザーに身近な存在として暮らしに寄り添うのです。

未来の暮らし

現在日本では、コミュニケーション能力に特化した製品開発が活発に行われています。
これは今後の高齢社会を対象とした時代の流れであり、今後より加速していくと考えられています。

医療・介護分野においてコミュニケーションロボットの活用は様々なメリットをもたらします。
日々の健康状態を記録するロボットであれば、異常があった際にすぐに周囲へ知らせる事が可能ですし、会話を行うロボットでは認知症予防や精神的サポートが期待できます。

また、一般家庭においては、日々のコミュニケーションから情報を蓄積し、細かな応用を可能とする次世代型の家庭用ロボット等が普及していくでしょう。
暮らしの中のあらゆるものが自動化され、人々の暮らしはより快適で利便性の高いものとなるのです。

まとめ

より良い未来の実現のための研究開発が世界各地で行われています。
人間の出来ない事を行うロボットはもちろん、人間が出来る事を代わりに行うロボットや、人間よりもスムーズに行えるロボットがこれからどんどん登場していくのです。

こちらのページもご覧ください。