人工知能(AI)搭載ロボットの特徴

この記事は約 2 分で読めます。



現在、人工知能(AI)が搭載されたロボットが、様々な分野において活用されています。
ロボットへの人工知能搭載が行われることにより、産業はどの様に変革を遂げたのでしょうか。

人工知能搭載ロボットの最前線とは

人工知能搭載ロボットの最前線として、自動運転機能の付いた自動車や、冷蔵庫やエアコンを始めとする家電化製品への組み込みが挙げられます。

人々の暮らしをより便利に快適にするため様々なサービスとの連携が行われています。
ロボット産業において、画期的な技術革新をもたらした“人工知能(AI)”ですが、その特徴は多岐に渡ります。

学習能力の強化

人工知能の最大の特徴が「学習能力」です。
この機能は、人間との会話を行うコミュニケーションロボット等に多く備わるものです。

AIに“学習プログラム”を組み込むことで、ロボット自らが成長し学習し、機能強化が行われます。
これは、チェスや囲碁などの、人間とコンピューターとの対戦時に高価を発揮します。
AIを搭載したコンピューターは、対戦毎にそのゲームの仕組みや戦略、あるいは相手の戦い方のクセなどを学びます。
そしてそれらを知識として蓄え、ゲームをする上での重要な“戦略情報”として活用していくのです。

この学習能力は、様々な分野で画期的なサービスを実現しています。

AIの学習能力により実現された自動運転

自動車の自動運転の場合、基本仕様として、コンピューターは地図や道路標識を全て把握しています。
そしてさらに、他の車の位置等から割り出すリアルタイムでの運行状況を、カメラなどを通して察知できるようにプログラムされているのです。
これにより、目的地に最短距離・最短時間での到着が可能になるとともに、運行状況に合わせた最適な運転を自動で行うのです。

学習能力の今後

先ほど学習プログラムの件について触れましたが、これは現在“ディープラーニング”と呼ばれる次段階のものへと技術革新が進んでいます。

これは“深層学習”という意味を持つものであり、人間に例えると、物事の動向を考察したり、相手の反応を伺うなどの、より洞察力の強い能力として期待されています。

この様に、人工知能の活用と発展は、急激な進化を遂げています。
日常生活を“より快適に、より便利に”という概念の元、様々な企業において新たな試みが繰り返されているのです。
現時点では、自動運転自動車というものはまだ発売されていませんが、近い将来多くのユーザーが使用することになるでしょう。
人工知能(AI)は、人間生活を豊かにする画期的発明なのです。

こちらのページもご覧ください。

コメントを残す